.
【じゃらんnet提供】
 
 

TOP&最新記事

宿泊予約サイト 












カテゴリ

検索フォーム

リンク

ランキングサイト

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

カテゴリ内記事一覧

二股らぢうむ温泉

二股らぢうむ温泉

二股らぢうむ温泉は、「二週間以上療養し、お客様自身が良化の兆候がないと感じ
申告された場合は、宿泊費用の全額を返金致します。」と宣言する温泉宿です。

二股らぢうむ温泉の石灰華は、二股らぢうむ温泉からあまり遠くない所にある
小火山から湧き出る温泉が地下の石灰岩層を通過する際、その石灰分を一緒に
溶かしながら地上に流れだし沈殿堆積して石灰華となったもので、
鉱物としては大変珍しい放射性を有しているとのことです。

そのため医学から見捨てられた人々の難病を根治させる力を持つと知られ、
石灰華放射性温泉の治療効果が大変驚異となっています。

内務省東京衛生試験所の検定の結果、石灰華には病気の治療に欠かせない
成分でもある膨大な量のラヂウムが含まれている
ことが分ったそうです。

二股らぢうむ温泉1 二股らぢうむ温泉2
二股らぢうむ温泉
北海道山越郡長万部町字大峰32
TEL 01377-2-4383

チェックイン 14:00 / チェックアウト 10:00

【アクセス】
札幌
車以外→函館本線・千歳線の特急で2時間。長万部駅から車で約30分
車→道央自動車道を利用し長万部IC~長万部IC~
国道5号線を二セコ方面へ走り、二股から山手に左折約10km

函館
車以外→函館本線・函館線の特急で1時間。長万部駅から車で約30分
車→道央自動車道を利用し長万部IC~長万部IC~
国道5号線を二セコ方面へ走り、二股から山手に左折約10km


~ 二股らぢうむ温泉の温泉の質 ~

石灰華(炭酸カルシウム)が大量に含まれているため、
泉質は黄色味がかったクリーム色で肌に優しく全身が包みこまれるような温泉で、
有害な比素、鉛、水銀、亜鉛、硫黄は一切含んでおらず
逆に人体の生存に欠かせない炭酸カルシウム、マグネシウム、リン、
鉄、チタン、クロール、カリウムなどその他何十種類ものミネラル成分を含んでいるため、
温泉水を飲用することによって病気に対する効き目は強まる。


また、お湯から絶えず立ち上る湯気も大切で、
湯気の中にもラヂウム成分が沢山含まれるため、
湯気を吸いこむことによりラヂウムが血液を通して
五臓六腑にいきわたり、数々の難病に効果がある
と言われている。

~ 二股らぢうむ温泉の適応症 ~

【浴用適応】
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・
くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復・健康増進・きりきず・
やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

【飲用適応】
慢性消化器病・慢性便秘

~ 二股らぢうむ温泉 日帰り入浴 ~

【日帰り入浴 利用時間】
7:00~20:00 無休

【日帰り入浴 料金】
大人→1.000円 / 小人→600円

~ 二股らぢうむ温泉の旅館の施設 ~

【客室】 
和室(59室) ※パネルヒーター・水洗トイレ

【宿泊・湯治料金】
一般
宿泊(2食付き)→平日/9.050円 休前日/10.100円
湯治/7.000円 素泊まり/6.950円

子供
宿泊(2食付き)→平日/ 5.750円 休前日/5.750円 
湯治/ 5.750円 素泊まり/5.750円

インターネット料金
宿泊(2食付き)→平日/ 8.000円 休前日/9.050円 
湯治/ 6.750円 素泊まり/ 6.950円

※消費税・入湯税・サービス料がすべて込みの金額

一般は中学生以上
子供は小学生以下(12歳以下は入湯税なし)
子供で布団・食事が不要の場合は無料
子供はオールシーズン一律、1泊1名5.250円
12/28~1/5(年末年始)として、休日前料金

【部屋代】
休憩(5時間)
4.5畳→3.150円  / 6畳→4.200円 / 8畳→5.250円
10畳→6.300円 / 12畳→8.400円

【浴室】
男内風呂(2) 
女内風呂(2)
女露天風呂(2)
混浴露天風呂(2)
混浴内風呂(4)    合計12の浴漕があります。
温泉プール10m(100%自然のお湯)

温泉温度→30.6度から43度まで細かく設定管理

【その他施設】
食堂・カラオケルーム・スポーツジム・休憩室

【その他 情報】
★食べ物、飲み物全て持ち込みOK

★自宅入浴用100%天然湯華販売

★シャンプー・リンス・ボディーシャンプー・石鹸・ドライヤーなし


☆ ☆ ☆ 宿泊予約サイト ☆ ☆ ☆

【じゃらんnet提供】



【楽天トラベル提供】


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


二股らぢうむ温泉コメント(2)トラックバック(0)|

ブログ TOP